ARTIST

JPN JPN
その他/デジタルアート

kawakita atsushi (kawakita atsushi

  • kawakita atsushi
  • kawakita atsushi
  • kawakita atsushi
Profile
1977年三重県松阪市生まれ。
海の幸、山の幸に恵まれた街で、三度の飯よりスケボーが好きという、スケボー三昧の少年時代を過ごす。
高校生の時に、hiphopに出会い、DJを目指して東京へ。
レコードで様々な音楽に触れるうち、自分自身でも音楽を作りたくなり、コンピュータを用いたtechno musicの制作を始める。
音楽制作を続けていく中で、音楽ソフトの枠の中でしか制作できない制限を感じながら、音楽で自分を表現できるのかを模索をしていた。

2016年、子供の誕生日プレゼントに絵本を送ろうと考え、絵本制作を始める。
2019年にインクとヘラとパソコンを使う、アナログとデジタルを融合したハイブリッド絵画のスタイルを見つけ作品制作に没頭。
2020年から三重県内各地、東京で個展開催。
2022年、シンガーソングライターCoccoのアルバム『プロム』に作品を提供。
絵本に『surprise 1 夢のひと時』、『surprise 2 ミミズとかくれんぼ』、CAKRA DINOMIXのラプタヘブンとの共作「おおきなものがすきなおうさま」、妻のカワキタチハルとの共作『ときはなて 』がある。

自分の意のままに表現できる方法を手に入れた彼は、今、ヘラ一本で世界に挑戦する。自然物からインスピレーションを受け、インク、パレットナイフ、コンピュータを駆使し、アナログとデジタルの世界を融合させたハイブリッドアートを制作している。ビビッドな色を操り、無数の表現を作り出す。

彼の表現には2つの顔がある。
1つ目は、現代アートを通じて大人の世界へのアンチテーゼを行い、常に若者に勇気と希望を与えることを志している。
2つ目は、四季や文化を大切にする人々の平和な世界を描いている。

彼にとってアートとは、”今を精一杯生きること。そして人々の眠っている活力を呼び覚ますこと。嘘をつかないこと”。優しさと感謝の気持ち、笑顔と笑い声があれば人はハッピーになれると信じている。

信じるものが少なくなっていく世の中で、作品を通して、見る人に優しさや温かさ、鋭さや厳しさを与え、心の奥底にそっと語りかける。
日本の素晴らしい四季や文化など、彼にしか表現できないハイブリッドアートで世界に挑戦している。人との繋がりやご縁を大切にしながら、夢に向かって旅をしている。
Career / Prize
1977年、三重県松阪市生まれ。
2016年、子供の誕生日プレゼントに絵本を送ろうと考え、絵本制作を始める。
2017年、絵本『surprise 1 夢のひと時』を出版。
2018年、絵本『surprise 2 ミミズ と かくれんぼ』を出版。
2019年にインクとヘラとパソコンを使う、アナログとデジタルを融合したハイブリッド絵画のスタイルを見つけ、作品制作の没頭。
2020年、松阪市総合運動公園スケートパーク、伊勢Live Space Barretで作品発表。
2021年、津のアルスプラザ、松阪doodleで個展開催。
CAKRA DINOMIXのラプタヘブンとの共作「おおきなものがすきなおうさま」、妻のカワキタチハルとの共作『ときはなて 』の絵本2冊を出版。
2022年、シンガーソングライターCoccoの12枚目アルバム『プロム』に作品を提供。
東京恵比寿Oriental Diner IGAOで個展開催。
Website
https://a24surprise.jimdofree.com/