ARTIST

JPN JPN
ファインアート

本柳 礼文 (reimon motoyanagi

  • 本柳 礼文
  • 本柳 礼文
  • 本柳 礼文
Profile
1973,東京生まれ。
表現方法は、平面、彫刻です。
近年は平面作品が主ですが、その際に使う画材、支持体、及び画風はその都度、その作品に一番シックリくるものを選びます。
画材であれば、木炭、鉛筆、パステル、墨汁、油絵具、アクリル絵具など。
支持体であれば、カンヴァス、画用紙、サンドペーパー、木材、クッキングシート、オイルペーパー、包装紙、麻布、などです。

モチーフは主に架空の人物(のようなもの)と、獣(のようなもの)で、とくに人物を描く場合には、儚く、情け無く、強く、孤独で、
寂しく、しかしながら何故か笑えるようなものであればいいと思っています。

それは作品そのものを発表する時の私の姿勢と似ているし、
そして私からみた(私を含めての)人間そのもの、または人間のあるべき姿なのだ、と強く思うからです。
Career / Prize
1973,東京生まれ
2003,多摩美術大学 彫刻科中退
主な展示
2022 個展 named(THE blank gallery)
2022 10 YEARS UNPLANNED (THE blank GALLERY)
2021 氷月ノ獣 (THE blank GALLERY)
2020 個展 Reimon Motoyanagi (THE blank GALLERY)
2019 PAPER WORKS (THE blank GALLERY)
2018 RAW and PRIMITIVE (THE blank GALLERY)
2007 「Reimon Motoyanagi」
2005 「石橋貴男と本柳礼文」
2002 「本柳礼文展」
2000 「Fried rice」

2021 近藤芳正主演 舞台「ナイフ」ポスター、チラシのイラストレーション
2016 ブルーノートレーベル jazztronik "vamos la blazil"アルバムジャケット イラストレーション
など。
Website
https://www.instagram.com/reimonmotoyanagi