ARTIST

JPN JPN
ファインアート

[HY-12] 大野 光一 (Kouichi Ohno

  • 大野 光一
  • 大野 光一
  • 大野 光一
Profile
 私は人の顔をモチーフに、主に絵画を制作しています。
 とても普遍的なモチーフである人の顔を描き続けているのは人の顔は現代社会においてとても重要だと感じているからです。今までの人物画、人の顔の文脈とはまた違った現代ならではの問題。SNS等では特に顕著ですが、社会生活を円滑に過ごすために人は自分の顔を常に整え、自分の感情も余り外に出さ無い様にするのが美徳とさえされています。放送コードみたいなものが一般生活にまで広く浸透していると感じます。
回りを見渡すとまるで顔の上に一枚作り込まれた仮面を被っている様な顔ばかりが目につきます。顔がただのアイコンに成り下がっているのです。常に整えて、その場によって使い分ける感覚は現代的ですが違和感を覚えます。
 ですがそんなたがが外れた顔はとても恐ろしく、美しい。
 私は人の顔の薄い皮膚の裏側に、その人の魂の様なものが有ると感じています。私はそんな魂の様なものが感じられる作品を造りたいのです。目には見えない魂の様なもの。それはキラキラして美しいとは限りません。でも私にはそれが美しいと感じます。
  未知のものを見たいという欲望。それは意外と近くにあるかもしれない。隣人の顔の皮膚の裏側に。世の中にはいろんな人がいて、それぞれいろんなものを隠して生きているという当たり前の事を可視化しているとも言えます。
Career / Prize
2012年    武蔵野美術大学造形学部造形学科 油絵専攻 卒業
       2012年度卒業制作展 研究室賞 受賞
2013年  「みなとメディアミュージアム」 (茨城県ひたちなか市)
      「江古田ユニバース 2013」 (⻄武池袋線江古田駅周辺)
2014年   「江古田ユニバース 2014」 (⻄武池袋線江古田駅周辺)
2015年   「ワンダーシード2015」 (トーキョーワンダーサイト渋谷)
2016年   「池袋アートギャザリング」 (東京藝術劇場)
      「NIIGATA オフィス・アート・ストリート」 優秀賞 受賞 (新潟市)
2017年    「Tokyo Midtown Award 2017」 優秀賞 受賞 (東京ミッドタウン)
2018年  「Tokyo Midtown Street Museum 」 (東京ミッドタウン)
「六本木アートナイト 2018」 (六本木)
「⻩金町アートバザール 2018」 (横浜)
2020年   「六甲ミーツ・アート芸術散歩 2020」 FM802 賞 受賞 (神戶市)
  「BE THE LIGHT 〜神戸メリケンパーク・イルミネーション〜」


Website
https://ko-ohno.jimdofree.com/