ARTIST

JPN JPN
ファインアート

[RJ-05] 稲垣 尚毅 (Naoki Inagaki

  • 稲垣 尚毅
  • 稲垣 尚毅
  • 稲垣 尚毅
Profile
1989年1月31日生まれ。
京都生まれ、現在も京都在住。
中学生の時に「あなたを見てインスピレーションで言葉を書きます」という書の書き下ろしパフォーマンスに出逢い、その後もたくさんの路上詩人や書家に作品を書いてもらう内に自身も書き下ろしパフォーマンスがやりたくなり2010年に京都のストリートで路上詩人として活動を始める。

学生時代はお笑いに熱中し、明治国際医療大学・鍼灸学部・鍼灸学科を卒業後、鍼灸師としても従事していたが、2014年から書家として独立し活動を開始。
書家として11年間活動し述べ6万人以上に作品を書いてきたが、書の作品に絵を取り入れたり、ジャン=ミシェル=バスキア など様々なアーティストの作品に出逢う中で「絵だけの作品」が書きたくなり独学で絵を書き始め、2019年に絵も書も書く1人の現代アーティストとして活動開始。

どんな内容の、どんなデザインの作品にするかなどは一切決めずに手を先に動かしていき、最後に出来上がったものを見て「オレはこれが書きたかったのか」と後から気づくような感覚で作品を作っていく。
その中で「喜怒哀楽」や「悔しさ・妬み」など、様々な感情をぶつけながら1つの作品を完成させていく。
人間である自分自身の感情の表現が多いためか、作品の中には「人」が出てくるものも多く、1枚の作品の中において「繊細さ」と「大胆さ」を同時に表現したものが多い。
また、自身が書家として活動していることもあり、作品中には「文字」を使った表現も多く見られる。
書の作品に使用している「和紙」や京都の老舗呉服屋から仕入れた「着物」を使ったコラージュを交えた表現も1つの特徴である。

作品の創作・展示・販売はもちろん、イベントでのライブペインティング、店舗や施設の壁画制作、ロゴデザイン、個展開催などを中心に京都を拠点に活動中。
Career / Prize
▼1989年
京都の太秦に生まれる。

▼2010年
路上詩人として書のパフォーマンスをストリートで始める。
アディダスのホームページに作品掲載。

▼2011年
明治国際医療大学鍼灸学部鍼灸学科を卒業。
個展「生まれたからには生きてやる!」(京都・居酒屋 ひまわりにて)。

▼2012年
フランス・パリ「JAPAN EXPO 2012」にパフォーマーとして参加。

▼2013年
元京都府知事山田啓二氏に作品の書き下ろし。
災地宮城県松島市仮設住宅に作品贈呈。

▼2014年
鍼灸師を辞め、書家として独立。

▼2015年
韓国・ソウルのカフェ「Le chemin」でのイベントにパフォーマーとして参加。
京都新聞に取材記事掲載 (2015年10月17日朝刊)。

▼2016年
フランス・パリ「JAPAN EXPO 2016」にパフォーマーとして参加。
京都新聞に取材記事掲載 (2016年5月8日)。
個展「ありがとう」(京都・DINOSAUR JUNGLEにて)。

▼2017年
インドネシア・ジャカルタ「縁日祭 2017」にパフォーマーとして参加。
京都のアパレルメーカーの青野株式会社と自身がデザインしたコラボTシャツが全国の百貨店で発売開始。

▼2018年
福岡・田川市美術館「タガワアートビエンナーレ 英展」入選。

▼2019年
絵と書の2つの表現をする現代アーティストとして活動を開始。
毎日放送ニュース番組「VOICE」出演。
TBSニュース番組「ビビット」作品掲載。
京都タワーにて作品展示。
日本テレビ ドラマ「火村英生の推理2019」作品提供。
​個展「言葉のない世界」(京都・遠藤剛熈美術館にて)。

▼2020年
NHK 「ルソンの壺」出演。

▼2021年
NHK「ニュース630 京いちにち」出演。
NHK「ぐるっと関西おひるまえ」出演。
京都錦市場商店街タペストリーデザイン担当。
Website
https://naoki17gaki.wixsite.com/naoki-art